適当


by tadachi-or-yuichi

とりあえず上げた


中編・・・イャンガルルガ戦・・・。

正直言って戦闘描写難しい。
なぜって、ゲームと違って何度も同じところ斬れるかって!
太刀の長さと尻尾の太さを考えたら一刀で斬れるってっ!
相手の動きが想像しにくいから、少し考えて修正予定。

しっかし、短い。

A4に書いたときはもう少しいくかなと思ってたけど意外となかった。

もう少し、ガルルガと対戦してこよっと。
[PR]
# by tadachi-or-yuichi | 2007-11-15 11:41 | モンハン あとがき

せっていです。

モンハン 本編
注 設定は全作ごちゃ混ぜ使用になっております。
たぶんいろいろと追加修正される。

♀ 透乃(とうの)              21歳
所属 ハンターズギルド(ハンター HR38)猟団「にんじんだっしゅ」
髪 赤 瞳 緑 身長 175cm 体重 63kg B95 W62 H92
ハンマーを中心に何でも使う。
藤哉の姉 怪力凄腕ハンター腕相撲で相手の手を握り潰したことがあるとかないとか。
エロイ服を好む。飯は質より量。女にしては背が高い。
人の呼び方は女が「ちゃん」男が「君」付け。
語尾は「~だね。」「~かな?」「~よね。」など。
肯定は「うん。」否定は「違うよ。」又は「いえ。」喜ぶときは「よしっ!」
敬語はまずない。自分ことは「私」。場合によっては「と~のちゃん」
例「じゃっじゃ~ん!すーぱ~はんた~と~のちゃんここに参上!」
 「こんにちは。私は透乃よろしくね。」
 「さあ、いくよっ!」
 「つまらないから帰ってもいいよね?」
 「よしっ!クエスト完了!」

♀ 陽子(ようこ)           21歳
所属 ハンターズギルド(ハンター HR38)猟団「にんじんだっしゅ」
髪 黒(ロングヘアー)瞳 黒 身長 168cm 体重 52kg B88 W58 H87
ライトボーガン 片手剣 笛でのサポート
一つ前にいた街で透乃と出会い。以降何かと行動を共にしていることが多い。
性格は控えめだが背は高め。

♀ 菊理(くくり)             18歳
所属 ハンターズギルド(ハンター HR37)猟団「にんじんだっしゅ」
身長 152cm 体重42kg B79 W55 H77 
髪 桃 瞳 緑 太刀 双剣
浮葉の妹 やや小柄なハンター
人の呼び方は基本的に呼び捨て。「さん」付けは一部のみ。
特殊敬称(例 透乃師又は透乃姉)
日常と戦闘時で口調が変わる。
日常「~でしょうか?」「~ですよ。」「~でした~。」など
戦闘「~だ。」など単語のみを用いた話し方になる。

♂風牙(ふうが)              20歳
所属 ハンターズギルド(ハンター HR37)猟団
身長163cm 体重67kg
髪 緑 瞳 茶
大剣 弓
どこか冴えないハンター。
しかし妙に打たれ強いのか重い攻撃を良く受ける割に対した怪我をしない。
無茶な行動をしないあくまでマイペース。
しかし、それが原因で仲間とトラブルを起こすことがある。(チキンではない。)
語尾「だね。」「なのか?」「だよな。」など。
肯定は「うん。」否定は「違うよ。」
口癖は「ふ~ん。」「そうなのか。」「ああ」

♂ ティル                 21歳
所属 ハンターズギルド(ハンター HR38)
大剣 太刀 へビィボウガン
黒いハンター

♂ 灰虎(はいとら)            20歳
所属 ハンターズギルド(ハンター HR42)猟団「ギルドなぃと☆しんぇぃたぃ」
狩猟対象 同行する仲間に合わせ武器を変える。
ある事件の犯人。しかし、そんなことをせずともやっていける実力は十分持っている。
風牙と何か関係があるらしい。
[PR]
# by tadachi-or-yuichi | 2007-11-15 11:32 | モンハン人物設定


「のんでけメラルー」にて

桔「一人なんて珍しい。相棒はどうしたの?」
浮「今日はたまたま別口の仕事に行ってな。合流すんのも面倒だし一人で来た。悪いか?」
桔「悪くは無いけど私は今日、早番だから・・・。」
浮「・・・なら帰るか。」
オレは帰ろうと席を立とうとする。
桔「そう、残念、折角だからここで一緒にご飯でもとか思ったのに。」
浮「・・・帰らない。」
桔「なら、ちょっと待ってて、着替えてくるから。」
と奥へと入っていった。
桔梗この「飲んでけメラルー」の従業員でかなりの美人だ。
彼氏は居ないようだが「何でも飲み比べで自分に勝てたら付き合ってくれるそうだ。」
実際に彼女目当てに来る男性客も多い。
オレとしても彼女は魅力ある女性だと思うが、実際は仕事での付き合いが多く。
情報屋として信頼しているといった気持ちの方が大きい。
桔「おまたせ。」
と、普段着でホールに戻って来た。
浮「んで。何を食う・・・いや、飲むんだ?」
桔「そんなの決まってるじゃない。おじさ~ん。ワインの酒樽とジョッキ二つ持って来て!」
と、店の中に声が響く。
一瞬、店内が静まるが注文した人間が桔梗だったためもとの喧騒へと変わる。
浮「・・・相変わらずこの店の人間は・・・。」
オレは頭を抱える。
桔「いいじゃないの。いつもの事よ。それに、ワインなら浮葉にも勝ち目あるわよ。」
桔梗は子どものようにオレに笑う。
浮「ほぉ・・・その勝負・・・乗ったぁー! 今度こそ勝ってやろうじゃないか!」
桔「ふっふっふっ。負けたほうが全額持ちよ。」
浮「わかってる!」
オレが答えると酒樽とナミナミとワインが注がれたジョッキが二つ。
それと、いつもの「おつまみ」がテーブルの上に置かれた。
店「さて、今日のバカは浮葉だ。今のところ0勝2敗! 
  三度目の正直となるか! それとも二度あ・・・。」
浮「だー! うるせー!! 今日はオレが勝つ!!!」
桔「いつにもましてハイテンションね。」
 余裕の桔梗は少し呆れ顔になる。
桔「口だけならなんとでも言えるわ。」
浮・桔「・・・・・。」
店「では、飲み比べ始め!」
店長の掛け声によりオレと桔梗の真剣?勝負が始まった。

<一時間後>
空いた樽.三・・・。
浮「まだ余裕だ・・・。」
桔「私もよ。」

<二時間後>
空いた樽.七・・・・・・・。
浮「まだまだ・・・・・。」
桔「ふふふ。甘いわよ浮葉」

<三時間後>
空いた樽・十五・・・・・・・・・・・・・・・。
浮「ありえん、化け物め!」
桔「うふふ。惜しかったわね。」
桔梗の余裕の言葉と笑みを最後にオレはテーブルにひれ伏した。

・・・翌朝・・・
目を覚ますといつもの天井だった。
浮「ん? 何で家なんだ?」
桔「私が運んだからよ。」
台所からアイルーと一緒に出てくる桔梗。
ア「ふっ、だらしが無いな。同じ量を飲んでいながら貴様はこの様か。」
朝からいつもの皮肉を仰ってくれる我が家のアイルー。
浮「んで、結局はオレの負けか。」
桔「まぁ、そういうことね。お金は立て替えといたから。」
浮「すまんな。」
オレはアイルーが用意してくれた朝食を桔梗と食べていた。
桔梗がこうやって家で食事を摂るのは三回目。
つまり、負けた回数という訳だが。
桔「でも、結構いいところに住んでるわよね。」
浮「そうか?」
オレは住んでいるところにあまり興味が無いので適当に答える。
桔「だって、日当たりも良いし、交通の便もいい、買い物もし易い良い所じゃない。」
ア「桔梗。こいつになにを言っても無駄だ。そういったことに興味が無いのだからな。」
奥から熱いお茶を持って来たアイルーは相変わらず皮肉な顔をして言う。
浮「たく。うるせーよ。」
食事が終わりアイルーが持ってきたお茶を二人で飲んでいると、
桔「ねぇ、ものは相談なんだけど。」
浮「なんだ?」
桔「私たち付き合わない?」
浮「はぁあ?」
桔「けっこう好きなんだ。アナタのこと。」
指を組み両肘をテーブルの上にのせ首を傾ける。
浮「えと、冗談?」
桔「酷いわね。もしかして嫌いなの?」
浮「・・・いや君の事は嫌いじゃないが・・・。」
桔「そう! なら決まり!」
桔梗はいきなり立ち上がる。
浮「おっ、おい。」
桔「そうと決まれば引越しの準備をしなくちゃ。空いてる部屋在ったよね?」
浮「てっ、ココに住むつもりか!」
ア「空いてる部屋は二つ在る。」
アイルーが当たり前のように答える。
浮「おっお前なー。」
ア「折角、彼女の方から来てくれるんだ。貰っておけばよかろう。」
桔「そうそう。とりあえず同棲からてっことで。」
浮「ちょっ、待て」
ア「私も手伝おう。今日中に必要なものを運んでしまおうか。」
桔梗とアイルー。一人と一匹はオレを置いてドンドン話しを進めていく。
浮「だー人の話を聞きやがれー!」
桔「何よ?」
不思議そうな顔をする桔梗。
浮「君と付き合うためには酒飲みで勝たないとダメと聞いたんだけど。」
桔「なに、そのデマ?」
驚きと呆れた声を出す。
浮「デマか。」
桔「デマよ。」
オレの繰り返しの問いに桔梗が答える。
浮「なんだ。」
オレは肩を落としため息を吐く。
桔「で、誤解が解けたところでアナタはどうしたいの?」
浮「そうだな。まぁ、同棲からってのも悪くは無いな。お互いの生活観が良く分かる。」
桔「ということで、よろしく。」
浮「まぁ、こちらこそ。」
ア「どうでもいいが引越しの準備にいくぞ。」
なぜかアイルーに急かされオレと桔梗は家をでる。
浮「まぁ、のんびりやって行けばいいか。」
桔「そうそう、のんびり行きましょう。」
とりあえず、友達以上恋人未満の生活になるのではないかと思うオレだった。

                                             終わり・・・かも?
[PR]
# by tadachi-or-yuichi | 2007-11-08 23:18 | モンハン 外伝

浮葉と桔梗 あとがき


まぁ、いきなりと~の設定で書いてみた。
ぶっちゃけモンハン小説の設定は共有で行ってしまおうと思ってるところ。
新規で考えるのメンドウだし。
設定を共有しておいた方が何かと便利だからね。
キャラ設定は来週までに載せられればいいかなと。

さて、今回のは微妙なラブコメ?かな。
途中のノリはと~の風。
最後の〆あたりは私のやり方になってしまったので打ってて違和感を感じた。
とりあえずみて貰ってから掲載した。

もしかしたら、少し人物描写に修正が入るかも・・・・。

とりあえずこんなもんで。
[PR]
# by tadachi-or-yuichi | 2007-11-08 23:17 | モンハン あとがき

ナナシ 一話 Act1


Act1

ある昼下がりの校舎の屋上で一人の青年が横になっていた。
季節はまだ四月の中頃で少し暖かい風がコンクリートの床を通り抜けて行く。
「平和ってのは良いものだ。」
青年が欠伸をしながら一人で呟く。
再度風が踊り青年の銀髪が揺れ右の紅い瞳で空を見上げる。
「これで、講義が無ければ最高なんだがな。」
「だが次は、撫子さんの講義だから居ないと殺されるぞ、浮葉。」
その声を聞きながら浮葉と呼ばれた青年は蒼い左眼を開けながら体を起こした。
「分かっているって。まだ、死にたくないからな。
 しかし、わざわざこんなところに何の用だ荒夜。」
荒夜と呼ばれた黒髪、黒瞳の青年はユックリ俺に近づきながら、
「サボりそうだった奴を呼びに来ただけだ。」
そう言いながら荒夜は俺の横で胡坐を組む。
「まぁ、そんなことより第三区であった事件を聞いているか?」
その問いに俺は「ああ。」と答え、荒夜は続きを話す。
「どうやら、第三区から逃げだしたらしい。
 シュヴァルツ家の狩人達から逃れるとは相当厄介な存在だ。」
「第三区から出たということは、
 二区か四区かはたまた零区を横断して八区といったところが妥当だろう。」
荒夜の情報に俺は冷静に答える。
「ただ、どこの区に現れようが第三区の管理者血族が乗り込んで来る。
 三公女の誰が来ると思う?」
荒夜の問いに俺は特に興味が無かったが、
「第三公女あたり順当だろう。」
そう言うと荒夜は「だな。」といい立ち上がり俺もそれに合わせて立ち上がる。
「そろそろ戻ったほうが教室でユックリ・・・・・」
『ドォーン』
俺の言葉は途中で響いた轟音によって遮られ校庭から歓声が聞こえ一つの声が響く。
「兄さんを馬鹿にする人は許しません!!!」
学園中に響く大声・・・。
俺と荒夜はタメ息をつき校庭側のフェンスへと近づき下を見下ろす。
するとそこには見覚えのある二人の少女がいた。
一人は桃色の長髪に紺色のブレザーに身を包み、
金色の両眼で上級生である三年生を睨みつけながら仁王立ちしていた。
「兄さんに対する侮辱は私に対する侮辱! みんなまとめて三途の川に送って上げます。」
激昂する少女の制服の袖を掴んで黒髪、黒瞳の少女が止めようとする。
「ダメだよ、菊理! いくら浮葉さんが大事だからって暴力はいけないよ!」
「なに言っているの、椋乃! 我が兄の敵は唯地家の敵! すなわち見敵必滅!」
菊理が左拳を振り上げ叫び、
「だから~、なんでそうなるの~。」
と、椋乃の声が無情に響く。
「あらあら、大変そうねぇ~。」
そこに、現れたのは紅い長髪に紫の瞳でOL風のスーツをきた女性だった。
「唯地先生助かります。止めてください。」
遼乃はあたふたしながら声をかける。
「撫子姉さん。」
そう言うと菊理は首だけを唯地・撫子に向ける。
「菊理ちゃん・・・。」二人は向かい合い黙る。
「「・・・・・・・・・・・・・。」」
椋乃は無言で見つめ〔ようやく止まる。〕と思ったが彼女は二人の性格を完全に忘れていた。
「二人でやればすぐ終わるわね。」
「ハイ! 姉さん!!!」
「・・・・・!!!」椋乃は声にならない悲鳴を上げる。
それと同時に菊理と撫子は駆け出し轟音を轟かせた。
「・・・行くか。」
そう言うと俺は背を向け歩き出した。
腕時計を見ると講義開始まで十分程しかない。
荒夜も「ああ。」と言いながら振り向きついて来る。
「二人とも相変わらずだな、止めなくていいのか? 
 次期唯地家当主並びに皇国第六区管理者、HN「金剛の鬼刃」唯地浮葉殿。」
「それを言うなら、自分の可愛い妹を助けにと愛しい撫子姉さんを止めにお前が言って来い。
 次期緋月家当主並びに皇国第五区管理者HN「破壊の咆哮」緋月荒夜殿。」
荒夜の嫌味に対して俺は同じ嫌味で返した。
まぁ、互いにこうなるのは分かっていたので意味は無い。
強いて言えば読者に対する自己紹介と言ったところだ。
結局、二人ともため息をつき同時に呟く。
「「だって、まだ死にたくないし。」」
二人の独り言は爆音に書き消されて言った。
その中に一きり高い悲鳴が上がっていたのは言うまでも無い・・・。
そして五限目の講義は時間通り始められた。

                                                  ・・・・・続く
[PR]
# by tadachi-or-yuichi | 2007-11-07 00:29 | ナナシ

「ん・・・・・んにゃ・・・。」
とベッドの上で伸びをしてそのままの状態で脱力する。
「ん~眠いです。」
とゴロゴロとベッドの上を転がる。
生来、寝起きの悪い私は完全に覚醒するまでに十分程の時間がかかる。
「ん~、二度寝―。」
ともう一度寝ようとしたところで勢いよく起き上がる。
「あっ! 今日は透乃姉とお仕事だった、支度しないと。」
私は飛び起きると、お風呂に向かい服を脱ぐ。
「いつも温泉が湧いてるんだから凄いです。」
と、足元に置いてある桶を取りお湯をすくうと、頭からバシャ、バシャとかぶる。
数度、熱いお湯をかぶると段々と血行が良くなり体が本格的に始動する。
「よしっ! 今日も元気です!」
とお風呂を出る。
私は体をタオルで拭き下着をつけると最近作ったばかりの白いパピメルSを装着していく。
「んっ、しょっと・・・・・。」
実は、これを作るためにいつもの四人で長期の採取・捕獲クエをしていた。
全員が目的の素材を集めることが出来たのでようやくいつもの村に帰ってきたのが一週間ほど前。
三ヶ月と長期クエのおかげで懐は暖かくすぐに装備を作ることが出来た。
成果はというと、レウス五体、レイア六体、ザザミ四体、ギザミ六体、ティガ二体、ドドブラ三体、とかなりの高収入だった。
「ん~。やっぱり特注だから高かったです。」
私は姿見で、全体を確認しながら言う。
身長が一般のハンターと比べて小さい私は鎧を作るのにも別途のお金が掛かる。
「でも、兜じゃなくてリボンとピアスになったのは嬉しいです。」
とクルクルとその場で回る。
「でも、太刀の長さは普通なんですよね~。」
と愛刀の一振りである大長老の脇差しを背負う。
「さて・・・透乃師より、早くついていなければスーパーハンターの弟子として失格です!」
と家を後にした。

私が集会所に行くと日が昇って間もないというのに活気があり賑わっていた。
「朝ごはん食べよう・・・。」
いつもはアイルー達に作って貰っているのだがここ最近はみんなで食事をしていたためか家で一人で食べるというのは味気ない。
せめて、賑やかな処でということで集会所の食堂に向かうと見慣れた二人が座っていた。
「驚いた・・・・・まさかこんな時間に二人を見るなんて。」
「んっ、菊理か・・・・・いやこいつの自棄酒に付き合わされただけだ。」
とティルは目の前で突っ伏しているPoohを指差す。
「ふ~ん。」と、納得する私。
「しかし、お前がこの時間に来るということは透乃と修行か。」
と、ティルはジョッキに残っていた酒を飲み干す。
「そう、パピメルSのスキル慣れと完全回避の練習。見切り易いようにってガルルガに行って
 来る予定なんだ。」
と私はティルの横に座り適当なメニューを頼む。
「そうか・・・修行なら付き会えんな。」と呟く。
私の朝食が目の前に置かれ、いつの間に注文したのかティルは新しいジョッキを持っていた。
「珍しいね。朝からそんなに飲むなんて。」
と私はご飯を口に運びながら言う。
「ああ、たまにはな。」
とティルは答えた後しばし無言が続き、私は朝食をティルはジョッキを空ける事に専念する。
「ご馳走さま。」
と私が言うとティルはその言葉を待っていたのか煙管を取り出し火を点ける。
「女の子の前で・・・・・・・煙管吸うの?」
「女? 何処に居るんだ?」
とわざとらしく周りを見回すと、
「ここにいるよ~。」
と、背後から声が掛かる。
「・・・・・・・。」
「さてと、一服したし帰るかな。」
とティルは席を立とうとするが、
「ティル~。」と肩を掴まれる。
おそるおそる、首を回すとそこには真紅の鎧に髪の女性が立っていた。
「私の弟子の前では吸わないようにってお願いしてたよね~?」
「・・・・・あぁ。」
「今日は特別に許すけど今度やったらこれでホームランだからね。」
と、背中のウォーバッシュを触る。
「・・・・・了解した。」
というとティルはPoohを置いてその場を後にした。
「おはようございます。透乃師。」
と、私は頭を下げる。
「ええ、おはよう菊理。でも、まだお仕事前だから姉で良いわ。」
「はい。透乃姉~。」
と、私は元気に答える。
「食事は終わってるようね。」
「はい。」
「じゃ、行きましょうか。」
「了解ッス!」
と修行開始の声が掛かる。
[PR]
# by tadachi-or-yuichi | 2007-09-20 11:01 | モンハン

とりあえず

とりあえず更新したよ~。
訂正の方はあっちに任せるとして結構手抜きかな。
設定は気にしない方向で、いろいろ混ざってるしね。
来週には中編出せたら良いな~。
最近ガルルガやってないからいかないとな。

さて、こんなもんで失礼。

感想・訂正希望。



[PR]
# by tadachi-or-yuichi | 2007-09-20 11:00

真・後書き(唯地)

浮)と言う訳で後書きだな。
菊)なにが、と言う訳なのか分からないんですが。
浮)さて、元々はPoohサイドのモンハン小説で口調が違い過ぎるという事から始まったこの企画。
菊)一つの講義時間内で書いた久しぶりの高速書き下ろし。
浮)口調の違いで分かるだろうが、そこまでが一講義(90分)で書いたところ。
菊)なお、口調の訂正は敢えてしなかったとうか、いつもの癖という事で。
浮)間違いなく書き上げると闘乃に見せて確認するからな。
菊)こちらからの訂正は遅くても今週末になると思います。
浮)さて、Poohからカキコがあったから答えて置こう。
菊)あー自棄酒が反対じゃないか?という奴ですか。
浮)ああ、ちなみに言うとその構想は浮かんでもこなかった。
菊)理由としては、ティルが自棄酒の場合だとここでPoohが出て来ることがない。
浮)元から資料的な意味合いを持つ文なためでもあるが。ティルの自棄酒だと俺が付き合いになってしまうし、最大の理由が。
菊)ティルの好みの問題という事です!
浮)後は絶対に出さないけどティルには相方がいるのでリアルよりかなり落ち着いている。というのもあるが。
菊)ちなみにPoohを出したのは後編のためでもあるがあまり先を考えてない。
浮)無計画、行き当たりばったりだからな。
菊)いい意味で臨機応変・・・。
浮)まぁ、どちらでもいいが。とりあえず、今回はこれにて終了。
菊)多分、モンハンの小説は今回の部で終了すると思われます。
浮)だろうな。
浮・菊)では、おやすみなさい。
[PR]
# by tadachi-or-yuichi | 2007-09-20 10:59 | モンハン あとがき
森の中、私と透乃師は身を潜めていた。
しばらくすると「バサッバサッ」と翼の音がする。
菊『来た。』
私は背中の太刀「大長老の脇差」の柄に手を伸ばす。
属性的には相手と合っていない。
しかし、自分の好きな武器というのはそれだけでも精神的に落ち着く。
ガルルガの脚が「ドスッ」と言う音を響かせ風が収まる。
私は手に持っていた閃光玉を投げ全速で走る。
ガルルガには効果は無いが私たちの存在を気づかせるための投擲だ。
光が奔り周囲が明るくなる。
こちらに気づいたガルルガは鳴き声とともに羽ばたいて後退する。
私はいち早くその咆哮の有効範囲の一歩手前で止まり、再度疾走する。
ガルルガは着地したあと鳴き声を上げながら、体勢を整えようとしている。
私はその間に後ろに回り込み。
菊「斬る。」
気合を入れた一刀が振り下ろされ、軽い爆発と共に甲殻を吹き飛ばし刃が振り斬られる。
尾が宙を舞い、血を撒き散らせガルルガは不気味な声を上げながら体を倒す。
私は血振りをして一旦納刀し、相手が立ち上がるのを待つ。
余裕では無く、相手の動きを見極めるための待ちだ。
ガルルガは振り返ると、その「イヤ」な目で私を見て、
口を開くと咽喉の奥には赤いナニかが見えた。
菊「火炎弾!」咄嗟に回転し、ソレを回避する。
菊「翼・・・貰う。」
声と共に刃と爆発が翼爪を弾き飛ばし私は渾身の力を持って翼を切断する。
倒れたガルルガは立ち上がろうとするがすでに遅かった。
透「とっどめー!」
力を溜めた透乃師のウォーバッシュが轟音と共に頭部を直撃し、
「ドゴン」という音が周囲に響き渡りガルルガは絶命した。
私は荒い息をしながら返り血を浴びた体でガルルガの最後を見た。
[PR]
# by tadachi-or-yuichi | 2007-09-20 10:15 | モンハン